生理をずらす月経移動について

女性は一般的に毎月1回、月経が起こる仕組みとなっています。女性ホルモンの関係によって、1ヶ月のサイクルにより、生理前、生理中は、個人差がありますが、様々な不快な症状に悩まされる女性はかなり多いでしょう。
特に生理中は、一定期間出血を起こるので、大変わずらわしいです。又、国内や海外旅行、新婚旅行や、海水浴、大切な会社でのプレゼンなど、生理と重なって欲しくない、ずらすことはできないのかという思いは、誰でも経験してきたことでしょう。 これらのイベントと重なるときに月経予定日にあたると、ベストな体調で過ごすことができず、楽しむことができにくです。生理は、自然の摂理であるので、都合よく、大切な行事を外してきてくれることはありません。
しかし、月経を上手にコントロールする方法があります。それは、経口避妊薬と呼ばれるピルの服用です。
ピルの服用により、月経を予定日を移動させることが可能になります。その際、使用されるピルは、一般的に避妊目的で使用されるトリキュラーなどの低用量ピルとは異なり、中用量ピルを使用することになります。
月経をずらすためのピルの処方は、婦人科などの医療機関とります。
生理周期が整っている方は、月経を移動させたい月日の前月の生理頃に、一度、医療機関に相談に行くことをお勧めします。
前月の月経後にピルを服用することにより、月経を前倒しで移動させることが可能です。早めに月経をずらすことによって、外したい日に重ならなくて済みます。
月経移動のピルを服用する際、妊娠の可能性のある方は、服用ができないので、注意が必要です。確実に妊娠していないことを把握した上で処方してもらいましょう。
月経移動は保険適用外なので、自費診療となります。医療機関によって、金額が異なるので、事前に確認するろ良いでしょう。

トップページへ