生理の異常に処方されるプラノバール服用方法

プラノバールとは、生理をコントロールすための薬です。妊娠、避妊、生理不順、無生理、不妊治療など、女性特有の病状に対して処方されます。プラノバールは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの二種類の女性ホルモンを配合して作られています。服用するとそれぞれのホルモンを補充することができ、体内のホルモンバランスを整えることができます。卵胞ホルモンは、エストロゲンとも呼ばれ、卵巣から分泌されるホルモンです。子宮内膜を増やして厚くする作用があります。プロゲステロンと呼ばれることもある黄体ホルモンも、卵巣で分泌され、子宮内膜の調整などの働きを行います。プラノバールを定期的に飲み続けると、子宮内膜が厚くなり、排卵後から生理前のいわゆる妊娠しやすい状態を作ることができます。そして、一定の服用の後服用をやめることで、自然に生理が起こります。この作用を利用することで、月経周期を調整することができるのです。
プラノバールの主な副作用は、消化器系に起こります。特に吐き気などの体調不良を訴える場合が多いようです。これは人工的にホルモンを補充したことで、一時的にホルモンバランスが崩れ自律神経の乱れが連動することによって起こります。他にも、眩暈や頭痛、腹痛といった症状が起こることもあります。通常は二、三日すれば体が慣れて体調不良は治まりますが、あまりに続くようであれば、医師と相談して服用をやめるか、服用の仕方を調整する方が良いでしょう。また、重大重篤な副作用として血栓症があります。滅多に表れる副作用ではありませんが、万が一手足の麻痺やしびれ、喋りにくいといった症状が体調に現れたときは、速やかに医師に報告する必要があります。

トップページへ