生理の悩みは婦人内科で効き目のある治療を

毎月やってくる生理は、いずれ訪れる妊娠するための準備です。大切なものとわかっていても、生理が原因で悩みを抱えることもあります。月経の悩みは、婦人内科で相談をすることです。生理によって起こる悩みは、人によってもさまざまです。婦人内科では、その人の症状に適した、効き目を出せる治療を行っていきます。

婦人内科では、子宮に関する悩みの相談をすることができます。自己判断で市販の薬を飲んで、効き目を感じられないまま、悪化してしまっては健康にも良くはありません。婦人科系の体調不良が続くようであれば、早めに病院を受診することです。

月経の悩みはいろいろありますが、その多くが月経周期の不安定さであったり、痛みやメンタル的なものでしょう。月経不順なども、多くの女性が抱える悩みの一つです。治療の効き目を効果的に発揮させるためにも、日頃から基礎体温をつけておくなど、セルフでできる対策も必要です。

無月経である場合、ストレスとか、ハードなダイエットが原因になっている可能性があります。その場合、ライフスタイルの見直しから始めなければなりません。治療としては、漢方治療やホルモン治療などがります。

月経の周期が不安定で、不定期に月経があったり、逆に20日以内で月経が訪れたりするのは、月経周期異常です。正常な周期は28日から38日であるため、ホルモン治療などで消していくことになります。

月経困難症は、通常の月経痛を超えるレベルの、生活するのさえ支障をきたす位、痛みを感じるものです。機能性月経困難症の場合は、強い痛みを痛み止めで留める対症療法があります。漢方薬で、痛みを軽減するパターンもあります。もっとひどい時には、ピルを服用する治療もあります。

トップページへ