トリキュラーが生理周期を整える理由

トリキュラーは、エチニルエストラジオールと、レボノルゲストレルをメイン成分とした低用量ピルのことです。日本国内におい手の承認は、1999年にされています。避妊作用として、服用により排卵を抑えるために、妊娠を回避することが可能となります。避妊目的だけではなく、子宮がんや卵巣がんの予防にもなります。また、生理不順などの場合は、生理周期を整えるために使われることもあります。

自然に生理がスタートした日から飲み始め、毎日同時刻に飲むのがルールです。ピルを飲むことで生理の周期は、規則的にすることができます。生理が始まった日から、その次に月経が来る前の日までが生理周期です。不順で悩んでいたり、スケジュールなどでも、月経をずらしたいこともあります。そんな時にも、ピルの服用で規則的な周期にすることができるので、月経の日もコントロールができることになります。

トリキュラーは21と28があり、28の方にはプラセボ錠が7錠入っています。その中には、成分は全く入ってはいません。ですが、7日間は休薬の期間として、飲み忘れを防ぐためにも便利ですし、21と効果は変わりません。トリキュラー28の場合は、1シートを28日で飲み終わることになります。そして飲み終わったら、新たに次のシートに移り、1日目からスタートすることになります。このサイクルで、規則正しい月経をコントロールできます。

トリキュラー21は、1シートを21日間で飲み終えます。そうしたら、1週間はお薬を飲まない休薬の期間に入ります。その7日間を過ぎたら、新しいシートの1日目からお薬を飲み始めるサイクルです。初めての服用や、忘れそうな人には、トリキュラー28のほうが向いています。

生理周期が乱れる理由

生理は個人差が大きく出ます。周期でいえば、毎月ほぼ同じ日にちに生理がくる規則的な周期の人もいれば、こない月があったり、ひと月に2回くることがあったりと不規則な周期の人もいます。不規則な人は、「月経不順」という状態です。
月経不順には種類があります。前回から39日以上経過しても生理がこない長い周期を「稀発月経」といいます。また、前回から24日以下に次の生理がくる短い周期を「頻発月経」といいます。いずれの場合も、卵巣の働きが関係していたり、ホルモン分泌が原因である場合が多いです。1~2ヶ月ほど様子を見ても周期が改善しなければ、早めに婦人科を受診し、状態を診察してもらうと良いです。また、経血が多い、少ないなどの量のチェックも同時に行いましょう。経血の量も月経不順と関係が深いので、把握しておく必要があります。
周期が乱れる理由として最も多いのが、「ホルモンバランスの乱れ」です。そして、この乱れを引き起こすのは精神的なストレスです。精神的なストレスは生理にとても影響しやすく、例え一時的であっても、強いストレスを感じた場合、周期が変化することもあるといわれています。
生理は卵胞ホルモンと黄体ホルモンという女性ホルモンと、脳の視床下部と脳下垂体、卵巣が関わり合って起こります。とても複雑で繊細であり、どれかひとつにでも不具合が生じた場合は、すぐに生理に影響が出ます。
精神的なストレスは、現代では常に付きまとう問題であり回避するのは困難です。社会的なことや人間関係、それだけでなく、過度なダイエットや睡眠不足も精神的なストレスとなります。
月経不順を感じたら、生活習慣の見直しや食事内容の改善、スポーツなどを行いましょう。リラックスした生活を送れるよう、環境を変えるのも方法のひとつです。

妊娠と生理不順の見分け方

女性は周期的に生理がきますが、その周期は大体28日前後となっています。
通常何事も無ければ大体一月ごとに生理がくるはずなのに一月過ぎてもこない場合で、なおかつ異性と性行為をしていれば妊娠をしている可能性があります。
ただ、生理がこなければ必ず妊娠しているとは限らずに、生理不順である可能性もあります。
生理不順はストレスや健康不良が原因で起こりますが、その場合も一、二週間程度は遅れるという事もあります。
それでは妊娠と生理不順はどのようにして見分けたら良いのかというと、妊娠検査薬を用いると良いです。
妊娠検査薬はドラッグストアや通販などでも購入する事が出来、価格も1千円もせずに購入する事が出来ます。
大体予定日から1週間後ぐらいに検査薬を利用します。
妊娠をした場合にはhCGと呼ばれるホルモンが作られるようになり、妊娠検査薬は尿を調べてこのホルモンがあるかどうかで妊娠しているかどうかを判断します。
妊娠検査薬を正しく使用すれば、99%以上の確率で妊娠しているかどうかを判断する事が出来ると言われています。
妊娠検査薬をきちんと正しく使用するためにも、生理予定日はしっかりと把握しておくことは大切です。
その他の見分け方としては、体調の変化などが現れる事もあります。
ただ、こちらの場合は個人差があるために全員が同じような症状が現れる訳では無く、中には全く感じない人もいます。
妊娠検査薬ほど的確な見分け方が出来る訳では無いですが、どんな症状が現れるのか簡単に紹介します。
例えば、基礎体温が高いままなかなか低くならない、つわりがある、胸が張ったり痛みがあるなどの違和感がある、食の好みの変化、などがあります。
このように妊娠しているかどうかを判断する方法はいくつかありますが、妊娠検査薬で調べるのが一番確実な方法であるために、普段から生理予定日については把握しておくのが良いです。

■トリキュラーのご購入ならこちら
ピルの通販ならトリキュラー
■我慢しないで改善しよう
生理痛緩和

トップページへ